資格取得は計画的に

自分に有利になる資格を2~3つ迄に絞り、計画的に取り組みましょう。そうすることで、就職や転職活動の際や働くうえでも活かすことができます。

転職に有利に働く資格

no.1

英語能力検定

日本にはいろいろな英語能力検定がありますが、有名な検定で高得点を取っていれば、どの業界でも有利に働くでしょう。

no.2

簿記検定

簿記検定は男女や職種問わず、数字を管理できるという証明になります。

no.3

事務システム系の検定

会社によって使うシステムは違いますが、どこでも使うエクセル・ワードなどのMOS検定などは持っていると良いでしょう。

no.4

金融や不動産の資産運用の検定

資金の運用に関する知識は、どの業界でも重宝されます。金融や不動産などの仕事でなくても持っておくと良いでしょう。

no.5

販売に関する検定

販売士など、商品の販売や流通に関する知識の検定も役立ちます。

検定を取るときのコツ

まずは自分に必要な検定を知ろう

自分が応募したい職種に有利な検定をしっかりと見極めましょう。やりたい業務内容が決まっているのであれば、より専門性の高い検定を受けると良いです。

一般的に認知度の高い資格は持っておくと有利

英語検定や簿記検定などは、比較的どの分野でも有利に働くことが多いです。余裕があれば受けてみましょう。

継続的に取り組む

資格によっては、専門性や難易度が高いものもあります。そういった資格は短期決戦でなく、期間を決めて継続的に取り組むと合格する可能性が上がるでしょう。

給料アップに繋がることも

持っている検定によっては、給料がアップになることもあります。ですから、積極的に検定試験は受けた方がいいです。

合格していなくても面接を受けよう

資格がないからといって、面接を受けていけない訳ではありません。会社によっては、入職後に資格取得を斡旋してくれるところもあります。

就職や転職に有利な検定

女性

転職や就職には資格が必要

派遣業務や転職が一般的になってきた現在では、自分に有利な仕事を見つけるには何らかの検定や技術があると良いでしょう。面接官もどんな資格があるかで判断することもあります。

即戦力が必要とされている

企業側が即戦力を必要としているので、資格を取得し、技術や即戦力があることを証明しましょう。

無料セミナーやスクールもある

資格取得のための無料セミナーやスクールなども増えてきているので、必要な資格のセミナーなどがあれば応募してみましょう。スキルを身につければ、その分有利になります。

特殊な業務では特に必要

例えば貿易業務の場合、英語の検定や貿易実務の検定を持っていることが重要になります。また、タクシーの求人であれば二種免許の取得が条件になります。

頑張ってきたことの証明

検定を持っていることで、自分が今まで頑張ってきたことの証明が出来ます。そのため、面接や書類選考の際にも重要なアピールポイントとなるでしょう。